HOME>ホットトピックス>短期間の求人が増えていてマイペースで働けます

子どもとの触れ合い

女性保育士

長年全国的な課題と言われているのが、待機児童の問題ではないでしょうか。女性の社会進出が増えてはいても、肝心の保育園が決まらないと安心して働くことが出来ません。そして、更に重要になるのが保育士の確保です。保育士の不足は深刻ですが、有資格者にとってみれば大きなチャンスと言えます。実は保育士は潜在資格者が多いと言われていて、結婚や出産で職場を離れるケースが目立ちます。そのような有資格者を掘り起こすことで、保育士の転職市場は活気付くはずです。24時間開園の保育園も増えていて、ライフスタイルに合わせて働けるメリットがあります。

多様な職場

保育士の転職先は、保育園を筆頭に子どもが居る場所だけではありません。近年増えているのが、高齢者福祉施設です。デイサービスには多くの高齢者が訪れますが、歌を歌ったり折り紙をして認知機能の回復を目指しています。子どもの接し方に関しては、保育士はプロフェッショナルです。資格を持っていることで、俄然、採用の可能性は高まります。福利厚生も充実していて、寮や保養施設を持つ企業が増えています。賃金も上昇傾向にありますし、保育士のニーズと社会的な地位は高まっていると言えます。